株で大損する人の特徴

グラフ

株式投資は初心者にも手軽に参入できる投資の入り口という側面もありますが、長年投資をしている人でも読み誤る奥深いものでもあります。
安全に運用をすればそれほど大損をしない仕組みもありますが、大きなリターンを狙うあまりに大きな失敗をしてしまうケースもあります。
非常に多くの側面を持っているのが株式投資であり、有名な存在でもあります。
そんな株式投資で大損をするという人が少なからず存在しています。
残念ながら株式投資は元本割れの可能性を持っているのが特徴であり、運用の仕方によっては大きな損が発生する場合もあるのです。

しかしその様な損失が大きくなる人の場合にはいくつかの特徴的な運用をしている場合が少なくありませんので、その仕組みを理解しておくことでトラブルを避けることも可能です。
例えば信用取引に全力で投資している場合が考えられます。
信用取引とは実際の投資資金以上の運用が出来る金融システムによるものなのですが、言いかえれば借金をして投資をしているのと本質は変わりません。
そのため損失が発生する場合には自分の持っている資金以上の損失になってしまう場合があるのです。

このことはしっかりと理解しておかなければなりません。
また、分散投資が下手である場合も大きな損失が生じやすいのです。
投資資金を一つの分野や企業に集中させることは大きなリターンを期待できる半面、思惑を外れてしまうと大きな損失につながる可能性が高いのです。
この様な状況にあることをしっかりと理解しておくことで損失を最小にして行くことが出来るでしょう。
株には仕手株という非常にハイリスクハイリターンのものもありますので注意が必要です。

関連記事